マッサージ師が教える肩こり・腰痛解消ブログ👍

マッサージ師のプロが皆さんの体に関する悩みを解消していくブログです(^_^)v

痛い時は冷やすのがベスト?

最近の季節の移り変わりで多いのがギックリ腰や寝違いなど急に発生する強い痛みです。
これって軽い症状で済めばいいですけど、なかには激痛で日常生活に支障をきたす事もありますよね(>_<)

そこでその時に温めた方がいいのか、冷やした方がいいのかを説明していきたいと思います!皆さん結構いざこの状況になると実際に悩む事なのでしっかり覚えておくと今後役に立つと思います⭐️

痛めてから早期のアイシングが後々効いてくる⁉️

大事なポイントはそう、早期アイシング!つまり冷やすんです🍧
しかし冷やしていい期間があります。痛めてから48時間〜72時間まで、2、3日までは冷やした方がいいです👍

その理由としては、痛めた直後からは徐々に炎症が発生します。傷ついた体を治そうとする生体反応ですので避けられません。
炎症が起こると腫れてきたり、触ると熱を持っていたりしますので、見て触れて判断してみて下さい(@_@)

そして冷やす事でこの炎症を遅らせてなおかつ痛みの物質の発生を滞らせる効果があるのです╰(*´︶`*)╯♡
冷やすには氷水で感覚が無くなるまで冷やして一回冷やすのストップして感覚が戻ってきたら再度冷やして感覚が無くなるまで……を2、3回繰り返すのが良いと思います。

しかしこの冷やす事もずっとやってしまうと、逆に痛みを長引かせる原因にもなるのです❗️患部が冷え過ぎる事によって、血液や栄養が行き届かず、今度は逆に回復遅くなるのです。

ややこしいではあるのですが、基本的には先程の見て触ってみて熱や腫れてるようであれば冷やしてあげて、それが無ければ今度は温めてあげる事です🔥その大体の目安が48時間〜72時間になる訳です!

痛い時こそ運動して体動かせば治る⁉️

はいこれアウトです┌(; ̄◇ ̄)┘勿論それが結果的に回復に向かうケースもありますが、基本は炎症がある時は安静ですよ(>_<)

よく寝違いした時に
"良くなると思って首ガンガン回したりしてました"
って言う人もいますが、僕らからすると背筋がゾッとします😱そりゃ〜悪化しまっせ❗️と。特に首はデリケートな部分なので、優しく安静にしてあげて下さい

ギックリ腰でも痛くて動けない程なら、無理して動かず冷湿布貼って安静にして下さい。痛みが多少引いてから運動などは行って下さい!


以上で説明を終わるのですが、冷湿布は特に痛くなってから2、3日しか貼ってはいけない訳ではないので、時間が経過した後でも貼っても大丈夫ですからね👌

でわ皆さんの日常生活が明るく楽しく過ごせますように祈ってまーす(^^)